MEDICAL
TREATMENT

診療案内

Service01

予防診療

愛犬・愛猫が健康に長く幸せに過ごせるように、しっかりと予防を心がけましょう。当院では初めてペットを迎え入れたご家族に丁寧なご説明を心がけています。

Service01

予防診療

愛犬・愛猫が健康に長く幸せに過ごせるように、しっかりと予防を心がけましょう。当院では初めてペットを迎え入れたご家族に丁寧なご説明を心がけています。

予防診療の症例

Service02

一般診療

愛犬・愛猫が健康に長く幸せに過ごせるように、しっかりと予防を心がけましょう。当院では初めてペットを迎え入れたご家族に丁寧なご説明を心がけています。

Service02

一般診療

愛犬・愛猫が健康に長く幸せに過ごせるように、しっかりと予防を心がけましょう。当院では初めてペットを迎え入れたご家族に丁寧なご説明を心がけています。

一般診療の症例

Service03

専科診療

愛犬・愛猫が健康に長く幸せに過ごせるように、しっかりと予防を心がけましょう。当院では初めてペットを迎え入れたご家族に丁寧なご説明を心がけています。

Service03

専科診療

愛犬・愛猫が健康に長く幸せに過ごせるように、しっかりと予防を心がけましょう。当院では初めてペットを迎え入れたご家族に丁寧なご説明を心がけています。

眼科

眼の傷や涙の量、瞼の炎症等を専門的な機械を用いて検査していきます。眼の病気は皮膚や神経系の疾患、ホルモンの病気など全身の病気も関与することがあるため、眼の病気を通して様々な疾患を見つけることが出来ます。

よくある症状

・目が赤い、白い。
・目が開かない、シバシバさせる。
・物にぶつかったり、つまずく。

外科

脱臼・骨折・ヘルニアなど、骨や靭帯に関わる分野です。触診やレントゲン検査により、骨格系の状態を確認します。必要に応じてCT・MRI撮影を外部の検査センターに依頼します。検査結果をもとに手術が必要になった場合には、複数人のチームを組んで手術に挑みます

よくある症状

・歩き方がおかしい、びっこを引いている
・肢を痛がる、歩きたがらない
・座り方がおかしい、足を投げ出している
・骨折している

循環器

               

小型犬に多い僧帽弁閉鎖不全症や、先天的な心臓病など専門の獣医師の検査により治療を行います。手術が必要な場合には提携病院へご紹介、退院後も当院にて継続通院が可能です。

よくある症状

                  ・散歩に行きたがらなくなった、散歩の時間が短くなった
                  ・咳が出始めた、呼吸が荒い時がある
                  ・食が細くなった、痩せてきた
                  ・ふらついたり倒れたりする、失神している時がある